マンション売る方法の基本と違いを知っておこう

マンションを売るのは本やゲーム、家具や家電などを売るのと違って複雑な手続きが必要になります。ただ、売り方の選択肢も一つではないのでより自分の考え方や自分が置かれている状況に合わせて選ぶことが可能です。マンションを売る方法には大まかには三つあります。

それぞれの方法の違いを理解して、最も良い選択肢を選べるようにしましょう。

→手に入れてから10年前後のマンションを売るときに知っておきたいポイント

マンションを売る三つの方法とは

マンションを売る方法は仲介、買取、直接取引の三つに分けることができます。マンションのような不動産は常に誰かが所有していることを登記して明確にしておかなければならず、捨てるという選択肢はありません。個人または法人を相手に譲渡手続きをすることによりマンションの所有権を移し、その対価としてお金を受け取ることになります。

仲介は買い手と売り手の橋渡しを不動産会社によって行ってもらう方法で、売り手の依頼を受けて販売活動を実施し、買いたいという人が出てきたら契約への手続きを進めていくことができるのが特徴です。買取は不動産会社がマンションを買ってくれる方法で、本やゲームなどの買取と同じようなイメージで売ることができます。

そして、直接取引は個人または法人の買い手を自分で見つけて登記やお金のやり取りなどを全て自分と取引相手で行う方法です。

最も一般的なのは仲介

三つの方法の中で最もマンションを売るときによく用いられているのが不動産会社による仲介です。マンションのように高額な不動産を売るときには買い手を見つけるのが難しいでしょう。しかし、買い手の立場に立ってみると、中古のマンションが欲しいと思ったらまずは不動産会社からの情報を検索するか不動産会社に問い合わせるのが常套手段です。

そのため、販売窓口として優れている不動産会社を使える方法として仲介がよく用いられています。基本的には媒介契約を締結して販売価格を決定したら、後は全て不動産会社が販売活動も必要な手続きも代行してくれるため、マンションを売る上で手間が少ないのもメリットです。

登記手続きや売買契約書の作成など、不動産売買には法律が関わる複雑な手続きがいくつもあります。その手続きをプロに任せられるので安心です。ただし、その手続きの代行料とマンションの買い手を見つけてくれたことへの報酬として仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介手数料の相場は売買価格の3%に6万円を足したものなので、6,000万円で売れたとしたら186万円と消費税が仲介手数料として必要になるということを覚えておきましょう。

すぐに売りたいなら買取

不動産の買取はすぐにでもマンションを売りたいというときによく用いられています。仲介の場合には買い手が出てくるまで売ることができず、販売活動を続けなければなりません。早ければ数週間で引き渡しできますが、なかなか買い手が見つからないと一年以上も販売を続けることになってしまうこともあります。

買取の場合には買い手を探す必要はなく、不動産会社が買ってくれるので速やかに売れるのがメリットです。早い場合には数日で取引が完了するので、あらかじめ引き渡しをできる状態にしておくのが肝心と言えます。ただし、不動産会社が在庫リスクを抱えることになり、場合によってはリフォームなどを行って売れる形にしなければならないこともあります。

そのため、仲介で売るのに比べると買取価格は低めになってしまい、7割前後の価格での買取となるのが通例です。また、買取の場合には複数の不動産会社で相見積もりをすることもできます。不動産会社によってどのくらいの価値があるマンションと査定するかは少しずつ異なっていて、在庫リスクのために取るマージンにも違いがあるからです。

そのため、高く売りたいなら少し時間をかけて複数の不動産会社に査定をしてもらい、高い買取価格を付けた会社に売るようにした方が良いでしょう。

高く売りたいなら直接取引

本当に高く売りたいと思った人が挑戦してみると良いのが直接取引です。仲介の場合には仲介手数料がかかってしまい、買取の場合には中間マージンが発生してしまいます。直接個人や法人に売ってしまえばこのような余計な手数料がかからないので、手元に入るお金の総額は最も高くなることが多い方法です。

ただ、買い手を見つけるのが困難になりがちなので、まずは直接取引の相手を探してみて、駄目だったら仲介か買取を選ぶというのが賢明な方法でしょう。親族や友人、会社の同僚などに人伝で探してみるのも良い方法ですが、インターネット上に記事を掲載したり、地域の掲示板にチラシを貼ったりするのも効果的です。

仲介よりも時間がかかってしまうことが多いものの、うまくいけば高く売れるので達成感はあるでしょう。ただし、親族のように近しい間柄の人と取引をすればトラブルは起こりにくいですが、見知らぬ人との取引となると詐欺などのリスクも負うことになるという点には留意しておかなければなりません。

マンションを引き渡したのにお金が振り込まれない、契約しようと思って空室にしたらトンズラされてしまう、などといったトラブルも珍しいことではないのです。そのリスクを負ってでも高く売りたいかとよく考えた上で決めることが重要です。

買取保証も検討してみよう

すぐに売りたいけれど、できるだけ高く売れた方が良いというのは多くの人が考えることです。このような希望を叶える方法として買取保証も知っておくと良いでしょう。これは不動産会社に依頼するという点では仲介や買取と同じですが、両方の良いところを兼ね備えているのが特徴です。

基本的には最初は仲介で販売活動を依頼し、一定期間を過ぎても売れなかったときには不動産会社が買い取るという形になっています。典型的には仲介による販売期間が3ヶ月になっていて、その間は不動産会社も在庫リスクを抱えたくはないのが一般的なので必死に販売活動をしてくれます。

そして、3ヶ月の間に売れればそれで取引は終了し、仲介手数料を支払うことになるのです。もしマンションが売れなかったら、その場で買取手続きを始めることになります。つまり、売れなくて価値があまりないようなマンションでもまずは仲介での売却を試せるサービスになっているのです。

時間的に余裕はあるけれど、仲介だといつまでも売れないリスクがあるのが怖いという人に向いている売り方です。